【ポケモン剣盾】マンムー育成論 最高のタスキ使いはこいつだ!

剣盾・育成論

中堅・マイナーポケモンで勝ちたい人のための育成論、はーじまーるよー。

今回紹介するポケモンはマンムー。

天候ダメージに強く、高い攻撃性能を持つポケモンです。

実際に使ってみたところ、高い攻撃性能とタスキとの相性の良さで大いに活躍してくれました。

この記事では、マンムーの育成論をお送りします。

きっと気に入っていただけると思いますので、ぜひともご覧ください。

マンムーの特徴

種族値・タイプ・特性

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
11013080706080

タイプ

タイプ1タイプ2
こおりじめん

特性

どんかんメロメロ・ゆうわく・ちょうはつ・いかく無効
ゆきがくれ天候が霰なら回避率1.25倍。霰のダメージ無効
あついしぼう(夢特性)炎・氷タイプの技のダメージを半減

長所・短所

第八世代時点で史上唯一の氷・地面タイプのポケモンで、この組み合わせの相性の良さが最大の強みとなるポケモンです。

まず攻撃面ですが、攻撃種族値130に加え一致技だけで9タイプのポケモンの弱点を突けるという攻撃範囲の広さを持つので、高い汎用性を誇ります。

技も先制技のこおりのつぶてや高威力のじしんなど優秀なものが揃っており、攻撃性能の高さはかなりのものがあります。

弱点が多く耐性が少ないという悲しい面もありますが、それでもHPの高さやあついしぼうである程度のカバーが効くので、簡単に倒せるほど脆くはありません。

また、このタイプの組み合わせなら砂嵐と霰の天候ダメージが無効化されるため、きあいのタスキを最も使いこなせるポケモンの一体でしょう。

ただ、氷と地面の両方を受けられるポケモンも増えており、そういったポケモンの相手は厳しいかと。

火力を上げる手段も道具しかなく、相性のいいきあいのタスキを持たせると火力が伸びないのも辛いです。

そのせいで耐久の高いポケモンを相手に長期戦をするのは苦手と言っていいでしょう。

育成論

物理型

努力値

HP:4(実数値186)

攻撃:252(実数値182)

素早さ:252(実数値145)

技構成

解説

高威力の物理技で攻撃する、わかりやすい物理型です。

上記の通りきあいのタスキとは非常に相性がよく、HPにほとんど努力値を振らないのもタスキで耐えることを前提としてあるからです。

仮に先制技などでタスキが機能しなくなったとしても素でそれなりに堅く、特性があついしぼうなので弱点もある程度カバーできているかと。

素早さは有力なポケモンが多く揃っている80族なので、そういったポケモンを抜けるよう補正をかけて最速にしてあります。

その上で攻撃にも当然のように振っておき、高い攻撃種族値と攻撃範囲の広い高威力の技を最大限に生かしましょう。

技構成はタスキとの相性がいい先制技のこおりのつぶてとタイプ一致技のじしんは確定。

後は氷タイプのメインウェポンとしてつららおとしを入れ、最後の枠は好みで岩技を入れて相性補完を行うのがおススメです。

ちなみに管理人は岩の攻撃技を捨て、代わりにタスキがあるからまず間違いなく発動できる補助技のステルスロックを入れています。

実演してみた

では、このマンムーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。

今回はこの方との対戦を使いましょう。

使うポケモンが思いっきりかぶってますが気にしない。

対戦、よろしくお願いします。

第7世代まではどんな環境にも刺さるとまで言われたマンムーですが…

本作ではガブリアスやボーマンダなどの主な敵が消え、火力ではガラルヒヒダルマが出たせいで使用率が落ちてきているんだとか。

対面時点で殴り勝てる相手ならそのまま攻撃すればいいですが、この対面のようにそう都合よくいかないケースも多くあります。

その場合はステルスロックで妨害しておきましょう。タスキで一発なら耐えるので、まず間違いなく仕掛けられます。

ちょうはつとかで使えなくされる可能性を考えると、特性どんかんでもいいかもしれません。

また、タスキのおかげで1発だけならしっかり耐えてくれるので、この後さらにもう一発撃ち込めます。

マンムーが相手より素早く、先制技の心配もない場合はつららおとしじしんでダメージを稼ぐのが有効です。

逆に相手の方が速いか先制技の可能性がある場合、あるいは確実にダメージを与えたい場合はこおりのつぶてを使うといいでしょう。

対戦、ありがとうございました。

まとめ

優秀なタイプと火力を持つポケモン、マンムーの育成論でした。

弱点こそ多いものの意外と生き残りやすく、行動回数を増やしやすいマンムー。

高い攻撃性能と相まって、優秀な対面性能を持つので使ってみてはいかがでしょう?

以上、管理人、八卦がお送りしました。

次回もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました